茶畑に眠る廃発電所【笹間渡水力発電所跡 その2/発電所遺構探索】

2014.01.22 Wednesday 00:53
0
    茶畑に眠る廃発電所【笹間渡水力発電所 その1】の続きです


    笹間渡水力発電所──その廃墟は アクセス方法が 川を渡る以外に無く まさに陸の孤島 難攻不落の廃墟と言われてました


    この、笹間渡水力発電所は 元々 大倉財閥の一角であった東海紙料(現 東海パルプ)によって建設されました
    運用開始が昭和6年(1931年) とのことですから 80年以上ここに立ち続けてるみたいです

    そしてしばらくは 東海紙料の自社発電所として 同じく東海紙料の地名発電所(現在解体済み)と共に 工場への電力供給を行っていました
    つまり、地元民には関係のないものだったみたいです(なお 資料不足により詳細不明なので 確かな情報かは分かりません)
    ちなみに和賀川水力発電所も日本重科学工業という企業の所有でしたが 社宅や周辺への電力供給も行っていました
    また 廃線「富士紡績専用軌道」で登場した富士紡績も水力発電も行っていましたがこちらも周辺住民への電力供給を行い 後に子会社化し電力会社もつくっていました

    ──話が逸れましたが その後 笹間渡発電所は昭和36年 運用開始から30年で廃止されてしまいます
    理由は中部電力の川口発電所建設による水量の減少によるものでした

    この川口発電所 東海紙料笹間渡発電所の取水口がある笹間川の少し上流にある笹間川ダムと、同じく東海紙料の地名発電所の取水口がある大井川のこれまた少し上流にある塩郷ダムから取水しているので 東海紙料の所有する2つの発電所の発電量が減少することになります

    これは当たり前ですが東海紙料は大打撃を受けることになります
    もちろん東海紙料も黙ってるわけがなく中部電力と交渉を試みました

    すると中部電力は「じゃあ代わりに、赤松発電所をお前らにやるよ」
    ということになり
    東海紙料所有の「笹間渡発電所」「地名発電所」と中部電力所有の「赤松発電所」を交換する形で解決しました

    その後 中部電力所有となった笹間渡 地名の二つの発電所ですが 直ぐに廃止されました 中部電力からすると川口発電所があるのだから わざわざこの2つの発電所を動かす必要性がありませんでした
    元々 この2つの発電所を 東海紙料の代わりに廃止する前提で交換したので 発電所内の 発電機 水圧管路等の撤去を行い──放置されました(えっ

    実際には地元の人に土地を売った形になるのでしょうか?この辺はよく分かってないのですが 笹間渡発電所に関しては 現在は周囲にある茶畑を管理してる人の土地であります
    また、地名発電所も 数年前まで建物が残っており アクセスもしやすい上に煉瓦積みの発電所だったため廃墟マニアだけではなく 色々な方が訪れてました
    歴史遺産としての保存も検討されましたが 残念ながらその費用が捻出できず 数年前に解体されてしまいました


    ちなみにこの時の交換の際に 東海紙料が手に入れた「赤松発電所」ですが 現在も「東海パルプ 赤松発電所」として稼働しています この発電所は大井川水系で一番下流にある発電所になっています

    さて、そんな笹間渡水力発電所
    その1で言った通り 発電所の遺構とアクセス道の情報がネット上に上がっていません
    というわけで その探索を──


    まず 水圧管路と呼ばれる 発電所へ落差を利用して水圧をかけながら水を送るための水路を探すことにしました
    実を言うと アクセス道がどこを通っているか 事前に調べることが出来なかった為 先にある程度目星がついてるこちらを探索することにしました
    それに、水圧管路(圧力管路)には保安用の通路があったはずで 和賀川発電所を訪ねた際も この保安通路を使用し サージタンクから発電所へ下りアクセスしました
    この保安通路が アクセス路になれば 大井川をまた渡らずに済むしね

    水圧管路がある場所は簡単です 発電所のすぐ裏の山肌です
    というか 落差を得るためにはここしかありません
    というわけで 写真の場所に水圧管路が接続していたはずですが……


    果たしてそれは簡単に見つかった
    なぜなら、先程の写真の場所から 少し山の方へ目を送ると それがあったのだから…
    というか、これなら他の人も探索していただろう……

    このコンクリートが水圧管路の跡です
    その1で発電所内部の様子を紹介しましたが この笹間渡発電所 発電機は2機あった跡があります(発電機が入ってた穴が2つあったため その1にて丸太などの木材で塞がれているのがそれです)
    大抵 発電機の水圧管路の数は同じなので 水圧管路を2本あったことになります(例外あり)








    とりあえず水圧管路の跡の横を無理矢理登ります
    コンクリートに半円状の窪みがありますが そのに水圧管路が通っていました


    水圧管路に沿って上に登ると やがてコンクリート璧が現れた
    円形の穴から水圧管路が下に向かって伸びてきたのだろう
    ──ということは この反対側は上部水槽であろう

    さて、このコンクリートの壁の上に登りましょう




    とりあえずこのコンクリートの璧を迂回するために 水圧管路跡を逸れたところでそれを見つけた
    スマホのカメラで撮影しているので、分かりづらいですが 保安通路の跡がありました
    この道がアクセス路になるかは後にして、とりあえずこの道に沿って上部水槽に向かいましょう


    保安通路より見た水圧管路跡


    水圧管路が続いてた先──笹間渡発電所の上部水槽です
    和賀川発電所にあったサージタンクと用途は同じものです(実際は違うらしいけど詳しいことは解りません)




    水槽にはトンネルが通じていました
    この導水路 取水口は笹間川へと続いてる筈なので 反対側は笹間川なはず…






    これらの建物はなんなのだろうか…?

    さて、上部水槽も見つけたことで 遺構探索はとりあえず終了
    次はアクセス路です


    保安通路は何故か上部水槽から先も続いていた


    ここで碍子が何故か落ちてた
    初めて碍子を触ってみたけど 意外と硬いんですね…


    そして、道を見失った
    もしかしたら、道なんてなかったのかもしれない
    ただ、それらしきものを道だと勘違いしていたのかもしれない

    傾斜は 和賀川発電所の山ルートのそれと対して変わらないが なにより、このまま山を越えたとして どこへ降りればいいか目星がつかないので一度戻ることにした

    ──ちなみに、この後 この山を越えた先である笹間川側からアクセスしましたが 結論から行くと行けないことはないです
    ですが、和賀川発電所と違うのは 間違いなく川ルート つまり素直に大井川を渡った方が楽だし早いです
    それに、なにより目印が無いのがきつかったですね…


    先程の保安通路に戻り その保安通路跡を使って発電所に戻ろうとしたら ここに出ました
    つまり、写真右の草影が保安通路の入口だと……
    ──これは分からない


    なにかの跡(送電線?)


    結果的に 保安通路はアクセス路にはならず
    というか、現実的に あんな道を通って建築資材運べるわけが無いですね

    というわけで、次回は、笹間渡発電所へのアクセス路を探します 真面目に

    つづく

    【2014/01/29更新】
    一部内容に誤りがありましたので訂正しました

    【関連記事】
    山の中に忘れ去られた廃発電所【旧和賀川水力発電所】

    【笹間渡水力発電所レポ】

    その1
    茶畑に眠る廃発電所【笹間渡水力発電所跡 その1】

    その2
    茶畑に眠る廃発電所【笹間渡水力発電所跡 その2/発電所遺構探索】

    その3
    茶畑に眠る廃発電所【笹間渡水力発電所跡 その3/アクセス路編】
    category:廃墟とか産業遺産とか | by:たまそらcomments(0) | - | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    アクセス数
    アクセスカウンター
    twitter
    楽天
    セブンイレブン
    Amazon
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 竜宮城の隠し港【神奈川県 真鶴水族館跡】
      リターンライダー
    • 国道300号 未成道【灯第一トンネル】
      絵スマホ
    • 竜宮城の隠し港【神奈川県 真鶴水族館跡】
      関節痛
    • 国鉄足尾線 廃線【間藤〜足尾本山(後)】
      uno kouki
    • 中央本線 旧線【信濃境〜小淵沢】
      たまそら
    • 中央本線 旧線【信濃境〜小淵沢】
      PJ・アイスマン
    • 菅田隧道/宮城県東松島市宮戸島
      たあ坊
    • 御殿場線(貨物線) 廃線 【トヨタ自動車東富士工場専用線】
      たまそら
    • 御殿場線(貨物線) 廃線 【トヨタ自動車東富士工場専用線】
      通りすがりの静岡東部民
    • 菅田隧道/宮城県東松島市宮戸島
      たまそら
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM